自動車重量税、略して重量税は国産車でも外国の車という愛車の国やエコカー、ワゴン車など自動車の形状に関係なく例えば、レクサスやメルセデスベンツ、などでも同様に負担義務を課せられている税金です。新車を登録する場合、あるいは定期的にある車検の際に支払いが発生するお金なのです。その税額は対象となるクルマのウエートで決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然違う概念のため基礎を学んで間違えないようにする必要があります。「自動車重量税という税金はウエートにより」「自動車税という税金は排気量で」税額が違います。それで売却の時の対応も違いますから、注意しなければなりません。クルマを売却するときには支払い済みの額がどれだけ残っていても、その税額が返還されることはありません。一方で自動車税であれば既に納めた額を買取額に上乗せしてくれるような場合がなくはないですが重量税の時は足されるケースはなかなかないのです。重量税についてはいくら既に支払った額が残っているとはいえ車専門業者にてそのことが材料になることはほとんどないのです。ですのでその次の支払いつまるところ車検まで待機して買い取りをお願いするということがベストでしょう。自動車買取時は考慮していただけない重量税ですが、例外的な事例では戻ってくることもあるのです。このケースは、次の車検までの期間が残っている自動車を廃車にしてしまう場合。というのは、廃車申請をすれば、残存期間に従って重量税が返金されます。ただ、中古車買取の際はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。さらに、クルマの名義の変更をした場合や盗まれた際も返金してもらうことはできません。自動車重量税の残存期間がある自動車を手放すということは、要は車検期間が残っている自動車です。業者も考慮しますから、自動車重量税が残っていれば査定額が上がると思います。当然買取額は店によって異なりますが、車検の効力が残っている事実を計算に入れてもらえば、売却する自動車の売却額と比較するとあまり損をするということもありません。